私の未来日記

自分の書きたいことを思いのまま

主婦、起業する?! その8

カエデ、55歳元主婦であり、今は会社社長。

社長という肩書きだけど、老人ホーム1つと、サービス付き高齢者住宅1つを経営しつつ、自分も働いているだけ。今は訪問看護ステーションの開設を考え中。

看護師、保健師の資格を持っていて良かったと思う今日この頃。

経営者仲間のヒロの紹介で、ハルと知り合った。

ハルは私とよく似ている。

これからの社会情勢を考えると、高齢者施設の需要はあるし、今後も需要は増えていくに違いない。地域にもよるのだろうけど、ハルの住む地域は特に必要とされるところだと思う。

私が起業したのは10年前。

子供も家を出て、20年ぶりに看護師に復帰しようと思ったけど、20年は長すぎた。

なんだか私の頃と看護も変わっているし、何より技術を全く忘れてしまった…そこで、オーナーとして働くことにした。

資格は更新制でないから持っているし、看護的なことは他の人にお願いして、私はみんなが働きやすいように調整する。

経営についてはよくわからなかったけど、ただ、従業員・利用者の視点で、自分だったらこうしてほしい、だけを考えてなんとかここまできた。

運がいいんだと思う。

あとは…数年後でなく、数十年後を考えてるかな。

一年、二年先でなく、定年後、子供の三十年後を考えている。

そのために今何ができるか、自分に向き合って、とことん考える時間を設けている。

一日二時間は考える時間かも。

紙に文字で書いたり、絵で描いたり。

可能な限り具体的に、イメージできるように。

私がどうやってここまで来れたのか、ハルに教えてあげたい。役に立つかは分からないけど、少しでも参考になったら、と思う。

ハルの未来を広げてあげたい。

 

その9につづく