私の未来日記

自分の書きたいことを思いのまま

自分に合ったダイエット

先日、酵素には合う合わないがあるのか?という自問自答の記事を書きましたが、そもそも、自分に合ったダイエットとは何か?を考えてみることに。

以前私は遺伝子検査をしました。ダイエットするならどんなことが向いているのか知りたくて。

それで分かったのは、私には、①ジョギングなどの有酸素運動より、筋力トレーニングなどの無酸素運動の方が効果があるということ②糖質や炭水化物ウンヌン考えるより、暴飲暴食に注意するということ③私には、肥満遺伝子もあるが、痩せ遺伝子もあるということ、でした。

 

以上のことで分かった私の勘違いの内容は、①運動=有酸素運動だと思っていた②主食をやめれば痩せると思っていた③痩せ遺伝子なんて持ってるはずがないと思っていたことです。

 

いわゆる有酸素運動のイメージはジョギング。着るもの・履くものも必要、場所も使うので、めんどくさ~いと思ってやる気になれなかった…が、自分には、準備するものも場所も必要としない腹筋でいいというラッキーな結果。その頃は心浮かれてよく腹筋をしたものです。

主食を抜けば体重は簡単に減っていました。が、栄養状態としてどうなの?健康状態としてどうなの?と、いつも思っていました。でも、手っ取り早い…と、不健康なダイエット方法でした。それが、実はそんな我慢より、大好きなお酒を飲んだ時の暴飲暴食をやめるだけでいいと…なんて簡単な!!その頃は、飲み会でも食べすぎないよう、飲みすぎないよう、意識していたものです。

下半身、特に太ももがブヨブヨの私。痩せ遺伝子なんて考えられませんでしたが、そういわれると、両親共に太っていない・弟は瘦せ型・そもそも親戚に肥満の人は一人もいません。大きな勘違い。痩せ遺伝子がなければ、遺伝子のせいだ、仕方がないんだと言い訳ができると思っていた、その頃の愚かな私…。

 

久々に思い出し、最近の体重増加の原因がわかりました。

単に食べすぎです。

その原因となるのが、カフェインレス生活。

頭がすっきりしないのを言い訳に、確実に食べる量が増えていたと思います。

さらに、ストレスフルな私生活に、確実に食べていたと思います。

さて、どうするか…。

 

腹筋は継続ですね。このまま体幹をさらに鍛えていきます!

食事はとっても早食いの私。仕事上、早く食べる癖がついていたので、ゆっくり30回は無理でも、まずは15回意識して数えたいと思います!

あとは、イメージトレーニング、ですかね。

痩せた自分をイメージする。太ももの隙間をイメージする。

理想のスタイルの身近な人は…いません…女優さんやモデルさんにはなれないと思っていますが、なれるかも!!ああなろう!!って思わないとダメですね。

まずは興味のある脳科学の知識フル活用で、脳にスタイルがよくなった自分を記憶させないと!

モデリングをみつけないと!!

 

すでに遺伝子検査をして年単位で月日は過ぎていますが、思い出せてよかったです。

きちんと覚えていたことも不思議です。

やる気になってきました!

痩せるぞ~!!!