私の未来日記

自分の書きたいことを思いのまま

主婦、起業する?! その8

カエデ、55歳元主婦であり、今は会社社長。

社長という肩書きだけど、老人ホーム1つと、サービス付き高齢者住宅1つを経営しつつ、自分も働いているだけ。今は訪問看護ステーションの開設を考え中。

看護師、保健師の資格を持っていて良かったと思う今日この頃。

経営者仲間のヒロの紹介で、ハルと知り合った。

ハルは私とよく似ている。

これからの社会情勢を考えると、高齢者施設の需要はあるし、今後も需要は増えていくに違いない。地域にもよるのだろうけど、ハルの住む地域は特に必要とされるところだと思う。

私が起業したのは10年前。

子供も家を出て、20年ぶりに看護師に復帰しようと思ったけど、20年は長すぎた。

なんだか私の頃と看護も変わっているし、何より技術を全く忘れてしまった…そこで、オーナーとして働くことにした。

資格は更新制でないから持っているし、看護的なことは他の人にお願いして、私はみんなが働きやすいように調整する。

経営についてはよくわからなかったけど、ただ、従業員・利用者の視点で、自分だったらこうしてほしい、だけを考えてなんとかここまできた。

運がいいんだと思う。

あとは…数年後でなく、数十年後を考えてるかな。

一年、二年先でなく、定年後、子供の三十年後を考えている。

そのために今何ができるか、自分に向き合って、とことん考える時間を設けている。

一日二時間は考える時間かも。

紙に文字で書いたり、絵で描いたり。

可能な限り具体的に、イメージできるように。

私がどうやってここまで来れたのか、ハルに教えてあげたい。役に立つかは分からないけど、少しでも参考になったら、と思う。

ハルの未来を広げてあげたい。

 

その9につづく

 

手抜き育児 朝

我が家の朝はいつも叫ぶ。

子供の準備、自分の準備を45分で終わらせたい私。

私の朝食はパンとヨーグルトとコーヒー。

子供の朝食はパンと冷凍ポテトとお茶。

やるべき事は冷凍ポテトをチン。コーヒーはコーヒーメーカーさんにお願い。

子供の冷凍ポテトと一緒に私のお弁当のおかずをレンジでチン。

冷凍ご飯をチンして、お弁当箱に詰める。

あとは、食べるのを促しつつ自分も食べ、私の方が早く終わるので顔洗って着替える。

子供には食べたら着替えて〜と叫びつつ子供の服を準備。

同じく叫びながら私の化粧をし、子供の保育園グッズをカバンに詰める。

子供の着替えが終わったら、顔を拭いて、髪をセット。帽子と上着を渡して促しながら私が上着を着用。

そのまま玄関で集合し出発です。

朝食の重要性はわかっていますが、食べないよりマシ。

そして、朝食の重要性より睡眠の方が優先度の高い私。

毎朝バタバタしつつも、なんだかんだで45分で出発できている。

旦那は全く手伝わないし、そもそも起きてこない…そして毎朝この人の必要性は?と思うのです。

ちょっと早く起きて本でも読みたいものですが、目が覚めた時に私がいないと号泣の子供…何才までこれが続くのか。

でも、いつか終わりはくる!と信じて今日もいつも通り寝るのだ。

広告を非表示にする

主婦、起業する? その7

気になっていたセミナーに参加して、私にとっては未知の世界の分野の話を聞くことができ、交友関係も広がった。

仕事で疲弊していたし、申し込みも締め切りの直前まで悩んでいたけど、行ってよかった。

悩むってことは、行きたいってことだもの。

3時間弱で、ここ1ヶ月分の疲れを忘れるくらい充実した時間だった。

さらに、数ヶ月後には、そのセミナーで、私が人前で話す機会を提案してくれた。

そんなのとてもとてもできない、と思っていた。しかし、こんな事でいいんだよ、と、私にできそうな事を具体的に、簡単に説明してくれると、これならできるかも、と思えるものだ。

できない、でなく、何ならできるか、考える機会を与えてくれた。

私の周りの人達が凄いと思った。

滅多にない機会、失敗したってそこから学べばいいだけ。楽しむ事を第一に考えていきたい。

 

数日後、子供を保育園にお願いし、往復6時間かけヒロに会いに行ってきた。

これは私にとって大収穫だった。

ヒロは、自分の知り合いである起業家に声をかけてくれ、協力してくれる人を紹介してくれた。

慣れない名刺交換をし、その中の1人である、カエデさんと意気投合した。

カエデさんは私と境遇が似ており、ヒロから私の話を聞き、ぜひ会いたいと志願してくれたらしい。

こうやって人の輪が広がって行くのが、すごく嬉しい。

社会人になって十数年、職場や子供関係、共通の趣味の人くらいしか、出会うことはなかった。それが、顔見知り程度のヒロのおかげで、私の人生を大きく導いてくれる人と出会うことができたのだ。

趣味友達がいるというだけで、凄いとよく言われていた。でも、実は全く凄いことではないと私は思っている。

好きなことだから学びたいと思い、学んだことを忘れたくないからどうしたらいいかを考えた結果、定期的に会おうとなっただけだ。

自分が何をしたいのか、どうなりたいのか、そのために今できる事は何なのか。

その結果、メンバー交換を経て、初期メンバーは私だけだが、6年以上も定期的に会う仲間になっている、ただそれだけだ。

私が特別社交性に長けているわけではない。

わたしの愛想が飛び抜けていいわけではない。

ただ、「私が今できる事は何?」と、常に自問自答しているだけだ。

 

その8につづく

ダイエット計画書5

ついに評価日、目標まであと300g足りませんでしたが、2.7キロの減量ができました。

あ、寝るまでに300g減らせばいいのか??

ま、あとは…腹筋を割りたいので、食事に関することは(噛むこと以外)、意識しすぎず、運動系を継続していこうと思います。

今週は飲み会もあるので、戻らない程度に気を付けようと思います。

 

今回のダイエットは、脳に負荷をかけない方法で行ったので、「ま、いっか」と、できなかったことを追求せず継続できました。

自分と向き合う時間が増えたようにも感じます。

できなかったこと探しは簡単なので、できること探しを日々していました。

そして、そんな自分を認めてあげていました。

よくテレビ番組で見るダイエットでは、自分をとことん追い込むのも大切なんでしょうが、私の場合は楽しくですね。何事も。

ちなみに、ダイエット中の私のスマホ、待ち受けが自分の子供からパーツモデルさんの脚になっていました。

誰かに見られていたら恥ずかしいですね…が、誰にも見られず過ごすことができました。よかった…。

 

今後は減量よりも腹筋!目指せ6パック!!

すぐにはならないだろうし、今のままの筋トレじゃ足りないんだろうけど、体幹を鍛えて、体を柔らかくして、80歳になってもスタイルキープしたいものです…夢は大きく!

待ち受け画像も、今度は6パックの腹筋画像にしようと思います…誰にも見られませんように。

 

広告を非表示にする

主婦、起業する? その6

まずは私が今できることから始めてみた。

市内で高齢者施設を運営している人に連絡して、話が聞きたい!と言ってみたけど、なんかスルーされたな…。ま、想定内です。

知り合いの起業家コンサルタントにも連絡してみたけど、主婦がフリーで動くような起業家が対象だったみたいで断念。

ちょっと遠いけど、市外で高齢者住宅、施設、飲食店、幅広く運営しているヒロは、「話すよおいで〜」って言ってくれた。

交通費はかかるけど、自分の知識を増やすための出費。どうってことない。

ありがたく聞きに行ってこよう。

ただ、時間が限られている。土曜日子供を保育園に預けてそのまま駅に向かって、特急に乗らなきゃ。ヒロの仕事の都合もあるし、保育園のお迎えのタイムリミットもある。

うーん、細かく計画練ってみよう。

聞きたいことを優先順位をつけて書き出して、タイムオーバーだったら次の約束取り付けて…。

1から10まで教えてもらえたらそれはそれでありがたいけど、地域も違うし、何かしらのヒントだけでももらえたらありがたい。

ついでに施設の見学もさせてもらいたいけど…欲張りすぎ?でも、可能な限りたくさん吸収してきたい。

考えるだけでワクワクしてくる。うまくいくとか、うまくいかないとかでなく、ただ単純に勉強になりそうで、未来が開けそうでワクワクする。

そしてこのタイミングで知り合いになりたい人たちのセミナーをみつける。

これも何かしらの収穫を期待できて、ぜひ参加したい。

また今度、またいつか、でなく、いま。

こういうタイミングにどんどん乗っていきたい。

 

その7につづく

 

 

 

ダイエット計画書4

あっという間に1週間。

再評価です。

できることは継続して行っていましたが、飲み会は痛かったです。

目標2キロ減のところ現在1.5キロ減。

先週からは1キロ減なので、1週間に1キロペースでいけそうです。

できることをできる範囲で行っている結果、あれもこれもできるのでは?と、気分が乗ってしまいました。

その結果、気が向いたら肩甲骨を回してみたり、ウエストひねりをしてみたり、暇をみつけては何かしらする癖がついてきました。

そのおかげですかね、飲み会で増えた体重もすぐ戻りました。

あと1週間で1.5キロ…いけるか??

ラストスパートといっても、無理なく楽しく継続していこうと思います。

もし目標達成できなくても、また次を考えればいいので、わりとお気楽です。

が、今週は飲み会がないので、まずは目標通りできることを期待します。

広告を非表示にする

主婦、起業する? その5

ハルへの興味が止まらない、その理由をじっくり考えてみた。

外見は、特別美人なわけでも、スタイルがいいわけでもない。

言ってしまえば私の方がスタイルはいいし、ちょっとだけど若い。肌はハルの方がきれいかも。

今までファンデーションを使ったことがないと聞いたときは驚いた。

内面は、よくしゃべる。しかもそこそこ面白い。頭の回転が速いんだと思う。次々言葉が出てくるし、しかも的確。

あとは、やっぱり考え方。

ポジティブって表現したいけど、それだけじゃない気がする。

楽観的なわけではなく、きちんと考えている。

できない理由を並べて言い訳するんじゃなく、どうしたらできるかを常に考えている。みんなが諦めそうなことも、こうしたらできるんじゃないかって、物事を小さく小さく分けて考えてる。で、できそうなことから手を出していく。

考えてみたら、ハルの子育ても不思議なことばかりだ。

子供が何歳であろうと、まるで大人と接するかのように対等に話をしている。

自分の子だけでなく、他人の子にも。

イラっとしたらきちんとそれを伝えているし、「子供だからわかるわけない」なんて思ってない気がする。

それがいいのかはわからないけど、子供は大抵ハルが好きだ。子ども扱いしないから?対等だから?「なんで」「どうして」にも1つ1つ答えてるし。

顔も広い。仕事以外でも趣味で出かけることが多いみたいだし、そこで趣味友達を作って、しかも定期的に会うよう計画している…。

母親としてより、ハルとして人生を生きている…。

…私は?…常にママになっちゃってる。

 

考えれば考えるほどわからないハル。

地元も遠かったはず。でも、住んでみたかったから住んでみて、やってみたいからやってる。

自分に素直なんだな、きっと。

…私は?…自分に嘘ばっかりついて、逃げてばかり…。

私の人生って、楽しいのかしら?

 

その6につづく