私の未来日記

自分の書きたいことを思いのまま

自己肯定感

私、自己肯定感が低いんです。という人に出会った。

確かに、あなたの長所は?と聞いても一つも出てこない。

一方、あなたの短所は?と聞くと沢山出てくる。

が、長所と短所は紙一重で、言い方さえ変えれば長所にもなる短所がほとんどだった。

自分を認めてあげるって、そんなに難しいことなのか…歩くことも話すこともできなかった赤ちゃんが、成長する。

成長したという事実を受け止めるだけでいいのに。

昨日よりできたことをできたと思うだけなのに。

自分を誰も褒めてくれないなら自分で自分を褒めてやろう!と、生きてきた私には簡単なことなんだけど、なんだか難しいなぁと思った。

子供には簡単だと教えよう、と思った。

主婦、起業する?その23

土地が決まった。

築40年オーバーの中古住宅だ。

基礎がどの程度使えるかはまだ分からないが、リノベーションして使えるところは使う。

もったいないものは再利用する。

解体の時には同席させてもらおう。

最初は土地で考え、中古なんてとんでもないと思っていたけど、全国の空き家問題に貢献できるのかな。

基礎以外はすべて直すから、中古と言っても、間取りも何もかもが変わる。

新築と変わらない。

にも関わらず、固定資産税は安く済む。

ありがたい…。

あとは、売れる仕組みを作らなければならない。

うーん、どうしようか…

 

その24へつづく

一般常識?

職業柄、色々なところに出向き、職場環境を見ることができる。

あるフロアのトップは、お気に入りの部下のみあだ名で呼び、馴れ馴れしく、お気に入りでないと苗字で呼び、最低限の会話しかしない。

外部の人には、ペコペコしている時と、かなり冷たい態度で接している時を目にする。

なぜこんなにも気分屋なのに役職がついているのかが謎だ。

しかも、ここは接客業、サービス業のフロアなのに。

お客様には丸聞こえですよ、丸見えですよ。

ここに1人でも男性がいればこういう態度で人に接することもないのだろうと思うが…。

新人に仕事の基本だと、自分でやればいい事をさせたり、なんだかなぁと思う。

そんな環境を見ていると、自分もいつかそうなるのではないかと危機感を抱く。

反面教師であぁは絶対にならないぞと思うが、日々見ているから恐ろしい。

フロアの人たちも何も言えないのだろう。

もっと上の人に相談したらいいのに…トップの態度がどうかと思う、と。

他のフロアも、なんだこのフロア?と思う人材が揃っている。

この会社自体の総括ができていないんだろう。

ここではこう、隣のフロアではこう…同じ事をしているのに別の方法でしている。

が、部署異動が激しい…みんな適応できるのだろうかと勝手に心配になる。

ミスの原因になるだろうに…。

フロアによって残業も大幅に異なる。

もう少し他のフロアがどの様に仕事をしているのか共有し合って、改善したら…会社としては残業代も支払わず、スタックも定時で帰れて、良いだろうに…いつか業務改善のご提案でもして、関わらなくなりたいものだ…。

そんな事を思いながら働く私。

色々勉強になります。

主婦、起業する?その22

最近本当に、心から思うのです。

色んな人が支えてくれている、と。

人が好きそうな営業さんが色々気にかけてくれありがたい。

無愛想に見える建築士さんが、私のために悪天候の中、土地を見てきてくれ、AよりBの方がいいんじゃないかと、提案してくれ、感動した。そんな優しい人には見えないのに…←失礼すぎる私。

こういう人たちに出会えて、関わることができて本当にありがたい人生だと思う。

一方で、自分の子供が優しすぎて感動。

美味しいからはんぶんこ、自分は食べたからお姉ちゃんにあげて。

まだ人のことより自分のことで良い時期だと思われるのに…過度な自己犠牲はやめてもらいたいと思う今日この頃。

でも、その子のお陰でがんばれる私がいる。

こういうのがあると、何でも頑張れる。

自分は無敵!と思える単純さ。

そんな自分を好きに思える自分、をも誇りに思える。

人生楽しいのが1番。

感謝しながら楽しもう。

 

その23へつづく

主婦、起業する?その21

せつが離婚した。

先を越されたとでも言えばいいのか。

ただ、心配なのはせつの子供。

せつは恋愛体質だろうから、自分が母親であるという事実を忘れなければいいなと思う。

彼に没頭しなければいいなと思う。

一方で、自分に素直に生きるのは少しだけ羨ましい。

私はもう少しの我慢。

一度進んでいた話がふりだしまではいかないが、少し後退してしまった。

もっときちんと調べておけばよかった…という反省半分、ごまかしながら、曖昧なまま物事を進めずよかったという、気づけてよかったのが半分。

今更だけど、今気づけてよかった。

やはり色んなことにはタイミングがあると思う。

私には今が気づくタイミングだった。

ただそれだけだ。

今日は別の土地を見に行く。

国で対策を打っている、地域の困っていることに一役買えればいいかと思おう。

大切なのは前向きな気持ち。

未来を見る、未来を考える、後ろ向きでなく、前向きな気持ち。

 

その22へつづく

主婦、起業する? その20

せつ、34歳。先月、ハルより先に離婚した。

子供が出来て夫婦の会話が減って、それでもがんばっていたけど、もう限界…無理……ってなって。

元旦那に出て行ってもらって、子供の環境は変えないよう、私と子供だけで家に残っている。

一番の離婚原因は…ハルに言わせると、私が女のままで、元旦那が完全に父親になってしまったということらしい。

そう言われて納得した。

私は母親であり、妻でいたかった。もっと言えば、妻より女でいたい。常に恋をしていたい。

元旦那は、子供が産まれて私を女として見なくなった。

私はいずれ再婚したいが、元旦那はきっとしないだろう。

夫婦2人が、女であり男であり、母親であり父親であったら、うまく続いたと思うが、私達はそこに差がありすぎたと思う。

私は我慢できなかった。

ハルのように、計画的に「あと一年の我慢」なんて、考えられなかった。

離婚してスッキリした私はすぐに彼氏ができた。

毎日は楽しいし、充実している。

でも、たまぁにふと、子供がいなければ…と思ってしまう。一方で、週末子供を旦那に預けすぎなのか?とも思ってしまう。

私は母親失格だ。

子供は好きなんだけど、きっと周りにはそう思われないだろう。

毎週金曜の夜から日曜は旦那に子供を預けて、私は彼とデート。

ダメな女だと思われているんだろう。

私自身が自分がわからなくなる事がある。

アレもコレも手に入れるのは難しい。

 

その21へつづく

主婦、起業する?その19

いい土地を発見。

ネットで探していたが、雪もなくなったし、と、希望の場所周辺をウロウロしてみてよかった。

やはり自分のアシで探すって大切だと思った。

そして、すぐにその土地の管理者に連絡し、自分の計画を話した。

どんな建物を建てたいのか、その理由はなぜなのか。

理由を話せば相手も納得しやすく、物事が早く進むような気がした。

が、ここに来て、いろいろ確認しなければならない事が発覚。

うーん、一つ一つやっていくしかない。

一つ一つ丁寧に確実に。

自分のやりたい事を形にするために。

がんばろう。楽しもう。きっと形になった時の達成感は人生初のはず。

 

その20へつづく