私の未来日記

自分の書きたいことを思いのまま

主婦、起業する? その13

起業を考えてから、人脈の輪が広がり、友人・知人のありがたみをよく感じるようになった。

めったに連絡してなかった人でさえ、話を聞いてくれたり、情報をくれる。

調べてくれたり、ヒントをくれる。

こんなにも周りの人に感謝したことがあっただろうかと思う。

結局、日曜日の子供の預け先もすんなり決まった。

同じ保育園のママさんが名乗り出てくれたのだ。本当にありがたい。

これでますます価値あるセミナーになる。

子供に我慢させる分、周りに協力してもらう分、何としても形にしたい。

うまくかどうかなんてわからないけど、きっとうまくいく。

だからもっともっと勉強しなければ。

いろんな人に会って、いろんな情報を、いろんな話を聞かなければ。

自分の軸を固めたいと思う。

何がしたいのか、なぜしたいのか、そうしたらどうなるのか。

 

その14へつづく

 

 

 

主婦、起業する? その12

またしてもこのタイミングで起業セミナーの開催を教えてくれるヒロ。

ありがたい。

2週に渡る内容で、土日がとられる。でも行きたい。

問題は日曜日の子供の預け先。土曜日なら保育園にお願いできるのに、この週に限って旦那も日曜日仕事らしい…。

ママ友にお願いするか、いつもとは別の保育園にお願いするか。

子供に負担をかけてまで参加する意義があるのかと聞かれたら、絶対ある。と思っている。

価値観の違いなんだろうが、これを逃したら1年後になってしまう。

それでいいのか?を考えている。

子供も私が楽しい方がいいに違いない、そう信じている。

内容もとてもいいし、受講料も格安。

行かなきゃ損な内容だ。

平日仕事して、土日セミナーで、自分で自分を忙しくしているのもわかっている。

でも、今できることをしておきたい。

いつできなくなるかわからないから。

人はいつ何が起きるかわからないもの。

悩みつつも、定員になり次第締め切り、の文字を見て、申し込んだ。

時間はまだある。

子供の預け先はこれから考えればいい。

カエデさんに相談するまでもなく、自分で動いて事後報告。

それでいいんだよ、って言われて安心する。

自分に素直に、自分のやりたいことをやりたいようにやればいいんだよ、と言われてホッとする。

紹介してくれたヒロにも事後報告。

やっぱりそうすると思った、と言われて、手の上で転がされている気分になる。

たくさんの可能性から自分のできること、やりたいことをやればいいよ、考える時間は貴重、がんばれ、って言われてやる気アップ。

なんて単純な私。このまま私らしく突っ走ろう。

 

その13へつづく

主婦、起業する? その11

これからの事について考える。

起業もだけど、まずは離婚について。そっちの方が先決なのか、それがよくわからない。

起業して安定してからと思っていたけど、カエデさんは自分を追い詰めてここまで来たって言っていたし…悩みどころか。

そもそも、カエデさんと同じ方法がいいのか、だ。

地域が違う、自治体が違う、そこのあたりのサポート体制を理解してからの方がいいのかしら。なんだか、起業の前にやる事が増えていくな。

考えれば考えるほど高齢者住宅とはかけ離れていく…でもそれでいいのか。

自分の考えを再考する。立ち止まっているのとは違う。行動を起こした結果、再考できているのだ。

自分の目的さえしっかりしていれば夢は叶う。

そうだ、そこを忘れなければいいだけだ。

もう少し、前に進もう。

考えながら、色んな人に会って話を聞きながら、色んな影響を受けて、成長していこう。

 私のやりたいこと、できること、後悔のない生き方。

私がイキイキしていれば、子供はきっと楽しい。

私がイライラしていれば、子供は絶対悲しい。

全ては私次第だ。

妻だろうが母親だろうが、私は私。

私の人生は私が作り上げていくんだ。

 

その12へつづく

主婦、起業する? その10

会社設立に向けて、カエデさんと話をした。

そもそも、なぜ起業したいのか、目的が揺らいでしまうと続かない可能性があること、目的さえしっかりしていれば、必ず夢は叶うことを話してくれた。

なぜ起業したいのか…

くだらない目的でも利己的な目的でも、すべて出すことが重要だと教えてくれた。

私は、ある程度の融通の利く時間の確保、子供を朝早くから保育園に預けなくていいこと、離婚、が希望で、人と人をつなぐ環境を作りたいのが一番かな。

独りで育児をしない、独りでお留守番しない、独りで介護しない。吐き出す場が必要だと考えている。

もっともっと考える時間がほしい。が、24時間はみんな同じ。何を省いて何に時間を費やすか、優先順位を考えないと。紙に書きだした方が考えやすいか。時間管理って大変そうだけど、これを機にとことん考えよう。

カエデさんの話で意外だったのは、離婚はするべきということだった。

子供の為にと離婚しない夫婦がいるが、本当に子供の為なのか、自分の為なんじゃないのか。自分の生活水準を変えたくないから我慢してるんじゃないのか。

口も利かない両親を見て育つ環境が本当に子供の為になるのか。

子供にお金より大切なものを教える良いチャンスなのに、と、自分の経験を語ってくれた。

うちもまさにそうだ。夫婦の会話はゼロ。家族三人でお出かけはまずない。

いつもイライラし、子供に当たって口調が荒くなる。

この環境が本当に子供の為なのだろうか。

そこから考えないといけないんだろうな。

 

その11につづく

 

オールインワン

最近思うんです。

高価な基礎化粧品はいいのかもしれないけれど、ケチって使っている私がいるんです。

が、安いオールインワンを買ってみたら、まぁ気にせずタップリ使えるんです。

そして、適量使っているせいか、肌の調子も良い!!

成分に差はあるのだろうけど、やはり適量を気にせず使う気持ちの余裕が大切だと思うのです。

 

なんてケチな…と思いつつ、やっぱり高価なものは1か月分のものを2か月、せめて1.5か月使えたら…と、気持ち少なめにしてしまうのが私です。

が、先日、ドラッグストアで100g1000円ほどのもの発見。今までは80g5000円ほどのもの。5分の1以下ですが、肌の調子は全く変わらない…不思議だな~と思って使っていたら、肌の調子が良くなっている!

私はホルモンバランスで結構肌の調子が変動しますが、それがない!!

これは驚きでした。

いわゆる大人ニキビが必ずできるのですが、全くできず、かといって、大人ニキビ用のものでもない…量も多いので、気にせず使ってもなくならない!何より安い!!

今までの出費は何だったのか…ま、今までがあったから今があるので良しとしますが、今までいろいろ見ては悩んで、検討していた私が嘘みたいです。

このまま量を気にせず使っていきたいものです。

広告を非表示にする

主婦、起業する? その9

カエデさんと出会って私の未来が見えてきた。

まずするべきことは、会社を立ち上げること。

株式会社より合同会社という方がおすすめだと言われた。

でも、さっぱりわからない…。

会社設立費用が安価で済むことしかわからなかったな。

それがわかっただけでもいいのか…それさえ知らなかったのだから。

そしてそのタイミングで、若者・主婦を対象にした個別起業相談会というものを見つける。

本当に運でしかない。私はラッキーだ。

参加できそうな日を選んで、仕事の調整と、保育園の調整をして、意外になんとかなるものだ。

できないと思うことでも、何とかしたら何とかなるものなのだ。最近本当そう思う。運もこちらに向いている気がしてならないし、今これでいいんだと思える。

今までは同じ職場や同じ学校の人たち、同じ趣味の人たちという世界で生きてきた。

でも、今は、どんな人かもわからないけど、同じことをしようとしていた、同志に出会えている。

独りで何かをしようと思って、無理かなと思ってもあきらめずに考えて、自分のできることを自分のできる範囲でまずやってみる。

で、できなかったら方法を変えればいいだけだし、できたらさらに先に進めばいいだけ。

実は単純で、簡単なこと。ただ、途中であきらめてしまう人が多いこと。

なんだかもったいない…。

カエデさんはいろいろ失敗したけど、失敗なんて思ってないって話してくれた。失敗という言葉を使うだけで、協力してくれていた人たちに対して失礼だということ、失敗でなく、学びとして次に活かしたら失敗なんて言葉は決して出てこないこと。

私の中にすーっと入ってきた言葉だ。

何も失っていないし、何も敗けていない。失敗は失って敗けると書くけど、それで終わってはいけない。

次があるから学びになって、失敗にはならない。

言葉を大切に使うということもカエデさんから学んだ。

もっと早く出会いたかったな、とも思うけれど、もっと早く出会っていたら、こんなにも影響を受けることもなかったんだろうなあとも思う。

タイミングの重要性も学んだ。

この年にして学ぶことがたくさんある。

もっともっと貪欲にいろんなことを学んでいきたい。

 

その10につづく

子供の影響力ってすごい!

先日、初めて子供が自分から、「やりたい!」と口にし、習い事の見学、入会を決めてきました。

今までいろんなママさんたちから習い事どうするの?と聞かれるたび、本人の意思に任せる、と答えていた私。

ようやく、自分から言ってくれ、母は嬉しいです。

そして、それに影響されての自分のやりたいことリスト整理中。

やりたいことが多すぎてお金も時間も足りない!!

ただ、協力者だけが着々と増えていく。

本当に心からありがたい。

そして、子供を見てわかるのは、子供のやりたい!に、素直にいいな~と思う自分の感情。

母としてより自分として、も大事にしたい私。

最近の仕事の忙しさに、職場への苛立ち、知り合いへの苛立ち、いろんなことから目を背け逃げたくなっていた私。

私のやりたいことて何?この仕事も好きだけど、最近の周りの人たちの仕事に対する意識を見ていると、とても一緒にやっていけないと思う。

誰かの為でなく自分の為、そんな職場でいいはずがない職種。

何か大事な何かが大きく間違っていませんか?そんな問いかけを日々心の中でしていた。

素直に、これでいいの?自分に問いかけることができた。

そもそも人の為に何かをしたくて手にした資格。そして選んだ職種。

もう一つ。

たとえ母子家庭になっても、手当の為にセーブして仕事しようなんて思わない。思っちゃいけないと思ってる。

他人の税金を何だと思ってる?と言ってやりたかった知人。

必要なものは、本当に必要な人の為に使うべきであり、稼げる人は自分で稼いで税金を納めるべきである。

それが私の考え方。

他人の税金で生活支えてもらって、お母さんは仕事をセーブしているの、なんて、私には胸を張って子供に言えない。

今の政治がおかしいのも、みんな自分の為にしているからだと思ってる。

本当に国民の為を思ってるのか?自分の地盤を、一票でももらいたいがためにやってるんじゃないの?と言いたい。

日本人って、こんなにも自分勝手だったのか…と。

古き良き日本の心って、こんなだったかしら?

少なくとも、私は、誰かの為という貢献心を忘れずに生きていきたい。

それが、やりがいであり、生きがい。

子供の為であろうが、高齢者の為であろうが、自分の為でなく、自分以外の人の為に。

子供のたった一言から、私の未来を考えるきっかけになる。

子供ってやっぱりすごい。