私の未来日記

自分の書きたいことを思いのまま

主婦、起業する?その25

ようやく解体作業が始まった。

今までは営業さんと建築家の方としか会っていなかったが、実際に作業してくれるのは別の人たち。

いろんな人たちの手で夢が現実になっていく。

もちろん作業は昼間しかやらないのでなかなか挨拶にも行けず…解体作業が半分終わる頃になってようやくお茶を持ってご挨拶。

目視で5人確認したけど、何人の人が作業をするしてくれているのか…まるでわからず。

同僚や友達が、作業始まったね〜って、見守ってくれているのもありがたい。

主要道路に面したところだから、すぐにわかってしまう。

そして、連日見に行ったが、あっという間に終わった…すごい。

一階の柱だけを残して、解体したものもあっという間に片付けられている…。

仕事が早い…と思ったが、これが普通なのか?

この業界の普通がわからないからまるでわからない。

自分の知識だけでは分からないことが多すぎる…。

最近こうやって自分の働いてきた環境の狭さに気付くことが多々ある。

色んなことを知りたい。勉強したい。

今がその時期なんだろう。

 

その26へつづく

投資・運用

女性のためのお金に関するセミナーに参加してきた。

今回の起業に向けてお金の事をちょっと勉強しようと思って。

内容は、自分が考えていたものではなかった…が、勉強になりました。

投資とか運用って、何故だか良いイメージがなかった。

詐欺のニュースとかのせいか。

が、セミナーで印象が変わってしまった。

そして気づいた。

すでに私運用している…学資保険だ。あぁ、こういうことか!と思った。

学資保険はさっさと払いきりたい、そして沢山もらいたい、という事で、10年間の積立で払い戻しは18年後予定。

利率も高いものを選んでいた。勝手に引き落とされるし、何もしてないから楽といえば楽だし。

同じような事を自分の保険ですればいいのか、と、解釈した。

もしかしたら若干違うのかもしれないが、国の年金がイマイチ信用できいこの時代、自分でお金を貯めないと、と思った。

もし、今進めている起業がうまくいけば個人事業主になってしまう。

今は勤め先があるから、年金も勝手に払われている気持ちでいたが、これではいけないと思った。

今まであまりにも無頓着だった気が……。

もっと早く知りたかった…が、きっと、今がタイミングだったんだと思う。

もっと早く知ってたらきっと何か失敗していたんだろうと思う。

学ぶ時期なんだろうなと思う。

経営に関する知識も知りたい。

もっともっと勉強せねばと思う今日この頃。

価値

このところ、モヤモヤが次々起きます。

例えば、知り合いがしている個人的な講座活動。自分では価値が上がってきたと評価し、価格の見直しを図るらしいが、実際はどうなのかと思う。

毎回定員に満たない実情。

メディアには取り上げられたけど、価値はイコールではないと思う。

その講座の価値を決めるのはあくまでお客であり、自分ではない気がするのだ。

この地域の住民性を考えても、ただでさえお金を払うことに抵抗がある人が多いから、かなり安い価格設定だったのに、上げたら客は来ないのではないか?と正直思う。

同じ事を別の人がやったらアウトだな、とも思う。

大丈夫かなぁ…ちょっと関わってしまっているから心配。

そして今日もモヤモヤになる…。

誰のせい?

先日まで、とある人と関わる機会が数回あった。

その人と話をしていて感じたのは、全ては人のせい、物のせい、時間のせいであり、自分は悪くないと常に訴えているようだった。

できなかった理由をたくさん口にはしてくれたけど、何からそんなに自分を守りたいのか、わかってあげることはできなかった。

時間がなくて→時間は自分で作るものでは?

スマホの調子が悪くて→他に方法はなかったのか?

〇〇さんの話が長くて→理由を伝えて中断させることはできなかったのか?

聞いてみたいことはたくさんあったけど、しばらく話を聞いても自分の振り返りが1つも出てこず、不思議なくらいだった。

なぜこんなにも自分以外のもののせいにできるのか、なぜこんなにも自分に目がいかないのか?

この人には子供がたくさんいるらしい。

どんな子に育っているのか、心配になった。

自分の子をこう育てないためにはどうしたらいいのかと思った日々でした。

反面教師、ありがたし…。

価値観の違い

先日、価値観の違いを感じた出来事があった。

自分と同じ子育て中のママ。働き方は違えど、ある程度の信念を持って、同じ物事に真剣に取り組んでいるんだと思っていた。

が、打ち合わせを花火大会を理由に断られた。

設定した時刻は花火大会開始2時間半前。打ち合わせ所要時間は30分以内。

ダメなのか?なぜ?花火大会よりも軽い志だったのか。

花火大会はこの時期近所で頻回にある。なぜ…?

申し訳ないけれど、私には全く意味がわからなかった。

結局別の理由でその話はなくなったけれど、この人と一緒に今後やっていけるのか不安になったのは事実だ。

私は母であるけれど、私である。仕事中は可能な限り母であることを離れて仕事に集中したい。

その分、母である時はめいいっぱい母でいる。

やるなら中途半端は嫌なんだけどなぁ…。

価値観の違いはどうしたらうまくいくのか、考える機会になりました。

相手を理解するって難しい。

主婦、起業する?その24

銀行の融資も通り、ようやく土地を手にできた。

見積もりも出してもらい、次回調印。

それから解体、着工、年内には完成予定。

色々考えだしてからどのくらい経っているのか…もはやわからない。

いろんな人の話からヒントを得て、いろんなことを考えて。

やっとここまできた。

あともう少し。

この後も焦らずじっくり考えていこう。

ことあとは、家具や家電、外、色々揃えなければ。

それはそれで楽しみだ。

あとは…ホームページを作ろうと思う。

思うが、以前にも使ったことがあるからなんとかなるだろうと思いきや、なかなか進まない……。

そして、今は随分ホームページも気軽に作れるようになったもんだと、ちょっとした時代の変化を感じる。

たった5年なのに、ホームページは作りやすくなったとしみじみしてしまう。

時代の変化についていかなければ。

ついていく、というより、時代の先を読まなければ。

 

その25へつづく

自己肯定感

私、自己肯定感が低いんです。という人に出会った。

確かに、あなたの長所は?と聞いても一つも出てこない。

一方、あなたの短所は?と聞くと沢山出てくる。

が、長所と短所は紙一重で、言い方さえ変えれば長所にもなる短所がほとんどだった。

自分を認めてあげるって、そんなに難しいことなのか…歩くことも話すこともできなかった赤ちゃんが、成長する。

成長したという事実を受け止めるだけでいいのに。

昨日よりできたことをできたと思うだけなのに。

自分を誰も褒めてくれないなら自分で自分を褒めてやろう!と、生きてきた私には簡単なことなんだけど、なんだか難しいなぁと思った。

子供には簡単だと教えよう、と思った。